読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロードバイクを買った

自転車 Item

ロードバイク

ロードバイク

身近な人が自転車にどはまりしているのを数ヶ月のあいだ横で見ていたら、案の定というかなんというか、自分もほしくなりまして、昨年秋にロードバイクを買いました。
 
前の家が、二子玉川のGIANTストアまで歩いてすぐで、以前クロスバイクをそこで買った際に何度も無料点検を受けられて便利だったので、ロードもそこで買おうかと思ったんだけど、すぐに引っ越してしまうのと、比較検討の結果別ブランドの商品に。
注文してから納車まで2週間、やきもきしながら待ちつつ、ウェアだとか付属アクセサリーなどを見てあれこれ買い足したりしていました。
 
カメラの世界にも、レンズ沼という底なしの沼が広がっているけれど、自転車沼もなかなかに深遠。
長時間乗っていても手が痛くならない厚いパッドつきのグローブや、お尻が痛くならないパッド入りパンツがあるなんて、私は知りませんでした。
前のめりの姿勢になるので、ウェアは基本後ろが長めだったり、風の抵抗を抑えるために基本ぴちぴちの服だったり。
ましてや、自転車のペダルと靴をくっつけてしまって、引き足でもペダルをこげてしまうビンディングペダルなるものがあるだなんて。
自転車とはいえど、それまで乗ってたクロスバイクやらママチャリとは、奥深さがだいぶ違う世界。
あまりにパーツやらアクセサリーやらデバイスやらがあるおかげで、初心者の私には何を選んだらいいのかちんぷんかんぷんだったので、詳しい人にだいたい決めてもらいました。
周りにある程度知識を持っている人がいないと、なかなか一人で始めるのは難しいスポーツなのではないかなぁ。圧倒的に男性メインの市場でもあるので、女性にとっては特にハードル高め。
 
でも、乗ってみると、想像以上に楽しい。たかが自転車と侮るなかれ。
非力な私でもひょいっと持ち上げられちゃう軽さ、ちょっとこいだだけでぐんぐんスピードが出る気持ちよさ。
徒歩だとそれぞれ駅の周辺しか知らなかったエリアの全体マップを見ることができて、新たな街の側面が見れるし、季節ごとに表情を変えていく風景を眺めるのもまた良い。
1日乗っていると、消費カロリー1500kcalとかになっててびっくりするんだけど、高低差があまりない道なら辛さも感じないし。
そして、カスタマイズが自由自在な分、愛着もひとしおです。
女性向けには、Giantが出しているLivというブランドがたくさんウェアやらグッズを出していて楽しい。
 
最近は寒いので、自転車に乗る機会も減りがち(夫の頻度は全く減っていない)だけど、春になったらあちこちの桜ロードを走りに行きたいなぁ。