読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東野圭吾の「幻夜」を読んだ

「白夜行」の続編という説もある、「幻夜」を読了。

「白夜行」の後に読むと、ストーリーの流れや、誰がやってるのか、最後の展開までもがバレバレなので、前作ほどのめり込むことはできなかったけど、なんだかんだで続きが気になってすらすら読んでしまった。 ストーリーそのものも、ふたりの主人公たちも、あけっぴろげすぎて、前作に漂っていた得体の知れない空恐ろしさみたいなのが、「幻夜」にはない気がする。 終わり方にも、う〜ん…と唸ってしまった。

美冬&雅也コンビは、雪穂と亮司にはどうしても勝てない気がするので、このふたつの物語が続きものであるという読み方は、私はしたくないなーというのが正直なところ。