読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東野圭吾「白夜行」を読んだ

めちゃくちゃ遅ればせながら、東野圭吾の「白夜行」を読んだ。 あの分厚さから、読み終えられるかわからず敬遠してたんだけど、読み始めたらぐいぐい引き込まれて、2日ほどで読了。

主人公ふたりの語りが全くなく、彼らを取り巻く人たちからの視点のみで物語が進むのが新鮮。 とことん暗くて後味は良くないのと、やっぱり現実にはこんなことはないだろうなと思ってしまうのだけど、物語としてよく出来てると思うし面白かった。

huluでドラマも見れたので、全話チェックしたけど、もう初回から「え〜……。」の連続で、私の中ではこれはないなぁという感想。 「幻夜」が、この作品の続編のような位置づけらしいので(作家本人は否定してるようだけど)、早速読み始めてみた。

東野圭吾はメジャーすぎてあまり読んでなかった(あと、暗くて救いがない作品が多い印象もあり)んだけど、最近ちょっとしたブーム。